10月 15

妊娠中のコーヒーはダメですよ。

ただいま妊娠6週目なんですが、今のところ悪阻もなくて問題なく妊婦生活を遅れているんですけど、(というかまだお腹も全然大きくないし、ほとんど実感はないのですが)それでも赤ちゃんの心拍は産婦人科に行ったときに確認できたので、すでに愛しく感じています(^^)

それで今悩んでいるというかちょっと辛いのが、コーヒーについてです。

私は元々コーヒーが大好きで朝昼晩と必ず最低でも3杯は飲んでいたんですね。

でもカフェインは赤ちゃんには良くないらしいんです。

というのもコーヒーに含まれるカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんに届くみたいで、身体の小さい赤ちゃんはまだ肝臓が未熟だから大人のようにカフェインを分解する能力が低いみたいなんですね。

どうやら大人の20倍も時間がかかってしまうみたいなんです。

だから、大量にコーヒーを飲むと赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあるみたいなんです。

今のところは赤ちゃんはほとんど心臓しかない?状態なんですけど、コーヒーを飲むのを控えているんです。

コーヒーがない生活なんて考えられなかったので、今は毎日イライラしている状況なんです(笑)

赤ちゃんのためを思えば我慢できると思って頑張っているのですが、コーヒー飲むのを止めて1週間なんですが、結構禁断症状が出ていますね(笑)

本で調べると、1日2~3杯なら問題ないと書かれているものもあれば、妊娠中はコーヒーを控えたほうが良いと書かれているのもあるので、少しぐらいは飲んでも大丈夫なのか?と思うのですが、今のところはやっぱり我慢しています。

友達に聞いてみると、妊娠中はカフェインの含まれていないルイボスティーを飲んでいたとかいうので、こんど試してみようと思います。

妊娠4週目に気を付けること(http://ninshin4syume.seesaa.net/

10月 9

妊娠しているならインフルエンザの予防接種は大事です。

初めての妊娠した時に、インフルエンザの予防接種をしていいのか分からなかったので調べてみました。

インフルエンザ予防接種は不活化ワクチンなので胎児への影響は極めて薄いと報告されているみたいなんですね。

なので、妊娠中でもインフルエンザの予防接種は大丈夫なんです。

でも妊娠超初期には控えたほうが良いという情報もありました。

どちらが良いのかとなると、やはりインフルエンザに感染してしまいますと、基本的にタミフルなどのワクチンはできません。

それに重症化して、インフルエンザ脳炎に感染するリスクもあります。

ですので、私としては予防接種は受けておいた方が良いと思うんですよね。

ちなみに予防接種を受けて、抗体が出来上がるまで約1か月かかりますから、インフルエンザのピークが始まる前に予防接種は受けておいたが方いいです。ただ有効期限が3ヶ月ほどと期間が決まっていますので、あまりにも早すぎるのもいけないですよ。

あと、インフルエンザに感染しないためにも妊娠中は人ごみを避けることが何より大事ですね。

それにマスクは必需品だと思います。

もし、上の子に幼稚園や保育園、小学校に通っている子供がいる場合は、インフルエンザウイルスは勿論ですが、いろんな病気を持って帰ってきますので、そういう妊婦さんは必ずインフルエンザの予防接種は受けておいたほうが良いでしょうね。

インフルエンザ予防接種 妊婦

10月 1

妊娠初期の流産が赤ちゃん側の原因がほとんどです。

流産のほとんどは、妊娠12週未満の時期に起こりやすいです。

受精卵の染色体異常などによって赤ちゃんが成長できなくなることが原因なんですね。

ただ12週以降の流産となると、子宮内感染や子宮頸管無力症など母体側の原因によることが多くなってきます。

流産の兆候や症状としては主に出血や下腹部痛があるんですね。

一般的に出血だったり、下腹部の痛みや張りが見られたりするのですが、妊娠初期の場合は、まだ受精卵がいつものように生理の時のように体外に排出されるので流産だったと自覚症状がない場合もあります。

もし流産してしまった場合は、早めの治療が大事です。

というのも下腹部痛などがなかったとしても古くなった細胞が子宮の中に長くとどまっていると子宮内感染などのリスクが高まってくるんですね。

病気の感染を防ぐためにも産婦人科でしっかり治療してもらいましょう。

また流産は妊娠される人の約10~15%の人が経験されています。

非常につらい経験ですが、悲しさを乗り越えて再び元気な赤ちゃんを出産する人は多くいるのです。

なので、あまりめげずに気にしないようにしてくださいね。

10月 1

妊娠かと思ったら産婦人科へ行きましょう。

市販の妊娠検査薬で陽性反応が出たり、生理が遅れたり、胸がムカムカするなど悪阻のような症状がある場合は、早めに産婦人科に行きましょう。

受精卵が子宮以外に着床している場合は、子宮外妊娠になってしまいますし、早めに対処していれば防げることも多くあります。

「妊娠したのかな?」と思ったら、まずは妊娠検査薬で検査して陽性反応が出たなら、産婦人科で正常な妊娠なのかどうか赤ちゃんは無事なのか見てもらいましょうね。

初めて産婦人科に行かれる方は不安なことも多いと思いますが、初診は分娩を行わない産婦人科でもかまいません。

受診をした後に、実際に赤ちゃんを産むための病院を探しても大丈夫ですよ。

妊娠が確定するのは、6週ごろです。

正常な妊娠であれば、胎嚢が見え、約1週間後に心拍を確認することができます。

この心拍を確認できて初めて妊娠が確定するのですが、初めて心拍を確認した時は感動すると思います。

自分のお腹の中に新しい命が出来るなんて神秘的ですよね。

妊娠4週ごろですと、まだ超音波検査で確認できないこともありますが、5週を過ぎれば確認しやすくなります。

ただ、月経周期は人によって違ってきますので、本人が5週と思っていてもじてゃ大きく誤差がある場合もあります。

なので、妊娠超初期ではまだ心拍の確認ができない場合がありますので、むやみに心配せずに次の検診を待ちましょうね。

 

9月 25

初めての妊娠!

初めての妊娠だと楽しみもありますが、不安もあるかと思います。

「つわりってあるのかな?苦しいのかな」

「出産は痛いんだろうな~、怖いな」

「赤ちゃんは健康体で生まれてくれるのかな?」

人それぞれいろんな悩みもあるでしょう。

このブログでは妊娠出産経験者のママさんが妊娠期間どう過ごしていたのかなどを詳しく説明していきたいと思います。

ぜひ何かの参考にしていただけたらと思います。